投稿

Creativeの完全ワイヤレスイヤホン「Outlier Air」とA-Focusのイヤーピース。

どうもイヤホンについてはワイヤレスとワイヤードの間であっちにふふら、こっちにふらふら、迷いが収まらない。
聴くということだけに限ればワイヤードのSHUREのSE215 で良いのだが、東京の電車の混雑の中、人のカバンに引っかかったりすることが実際にあるわけで、ワイヤレスにすべきなんだろうなと思わずにいられない場面にしばしば出くわす。
これまでワイヤレスではJBLの品番を忘れた何かと、CreativeのOutlier One、そしてSonyのMDR-XB70BTを使ってみて、JBLの方は可も不可もないが積極的にこれで聴きたいというほどではなく、Outlier Oneの方は、抜け感があまりないこと以外に音質面で大きな不満はないがイヤーピースが外れやすくて困っており、SONYはと言えばホワイトノイズの大きさがしばしば気になって仕方がない。
どれも買った当時の選択肢の中で、比較的電池の持ちが良いものというチョイスをしているのだが、音の面では決め手に欠ける。
それと、これらはみな左右のボディをバンドやケーブルでつないでいるタイプなのだが、このケーブルやバンドが意外と邪魔というか、首の後ろに回すと後方に引っ張られる感じがあったり、とは言えあごの下に垂らすのも珍だし、すっきりしないものなのである。

そうすると、必然的に完全ワイヤレスのモデルに興味がわく。少し前までは電池の持ちがかなり悪かったし、そこは改善されてきたらしいものの、今でも満員電車の乗り降りの際などに耳から落ちたら確実に拾えないだろうとか、そんな不安はあるのだが、秋葉原でポタフェスというイベントがあったので、とりあえず試聴をしてみた。

事前に出展ブランドを調べ、いくつか候補を決めていた中に、CreativeのOutlier Airがあった。
行列を避けながら4社4機種ほど試聴して、このOutlier Airが圧倒的に良かった。というか、これ以外は7,8千円から1万数千円の値段でありながらワイアードの2千円ぐらいの機種の音しか出てこず、その中にはワイアードの製品で非常に素晴らしいと感じていたメーカーのものもあったので、はっきり言って幻滅した。

色々な売りはあるのだろうが、まず第一に、伝送方式apt-Xに対応しているという点が大きいのかもしれない。試聴時には実際の使用環境と同様にXperia XZ-1とつないで聴いたのだが…

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。

ユニクロが何年か前に出した、ビーチボーイズのアルバム「ペット・サウンズ」のレコードジャケットをプリントしたTシャツを着て、上野のTOHOシネマズへタランティーノの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を観に行った。 たぶん「ハッピー・デス・デイ」と「ハッピー・デス・デイ2U」をハシゴしたときだったと思うのだが、予告編を観てブルース・リーらしき登場人物が気になり、調べたらシャロン・テート殺害事件のころのハリウッドを描いたものだそうで、ブルース・リーらしき人物はブルース・リーで、では観てみようかなと思い立ったのだった。
シャロン・テートは怪奇映画などに出ていた女優で、カルト系の殺人事件の被害者として名前ぐらいは知っていたが、それほど興味を持ったことはなかった。カルトの首謀者でありマリリン・マンソンの名前の由来でもあるチャールズ・マンソンについても同様だ。
犯行は1969年8月9日。映画は事件が起きたテートと夫であるロマン・ポランスキーの邸宅の隣に住む、落ちぶれたTV俳優リック・ダルトンと彼のスタントを勤めてきたクリフ・ブースの、プライドを傷つけられたり金に困ったりしつつハリウッドの住人であろうとする悪あがきをしばしばコミカルに描きながら、8月9日へと進んでいく。
途中、リックの自宅前に1台の車がやってくる。隣家へ続く私道は鉄扉でふさがれており、そこから先へ行けなかったその車に乗っているのが、マンソンだった。 「テリーとデニス・ウィルソンを」訊ねて来たのだとマンソンは言い、ダルトンは彼らは引っ越したと伝える。 ここでデニス・ウィルソンの名前が出るとは。 テリーと言うのはジャン&ディーンなんかとも仕事をしていたテリー・メルチャーのことだろうか? 他の服を着て出かけるつもりがなぜか出かける直前にペット・サウンズのTシャツを着た偶然に、少し震えた。 帰ってから調べたら、マンソンは音楽の世界で身を立てようとしていて、自分を売り出してくれないテリーを恨んでいたらしい。デニスに至ってはマンソンの後見人だったそうで。
かつての主演作品の中でナチスを焼き殺すリック。ブルース・リーと戦って軽くあしらってしまうクリフ。カルト的なもの、神格化された何か、プロパガンダ。そういったものが、コテンパンに虚仮にされる。 そして、マンソンファミリーと彼ら2人がからむクライマックス。 リックの…

Audibleを使うためにSONYのBluetoothイヤホンMDR-XB70BTを買ってみた。

イメージ
Amazonでは書籍の朗読を販売していて、それ専用のAudibleというサービスがある。以前に一度使ってみて馴染めず、試用期間でやめたことがあったが、なんだかポイントがもらえるとかでもう一度試用してみることにした。

普段、XPERIA XZ-1にSHUREのSE-215(ケーブルをリモコン付きのものに交換)をつなぎ、MP4に変換した音楽を有料版のPower Ampで聴いていて、音質についてはもうこれで必要十分と考えているのだが、しばしば東京の満員電車ではケーブルが邪魔になるというか人に引っかかったりして怖いので、音質を我慢してでもワイヤレスのものを使うべきかと考える(SHUREにBluetooth対応の交換用ケーブルがあるのだが、確実に音質が劣化するであろうBluetoothにしてはかなり高額なので手が出せない)ものの、手持ちのものでは今一つ納得がいかず。
で、Audibleの使用再開に合わせ、そのタイミングで大阪梅田のヨドバシを通過する機会があったため、店に在庫があってすぐに入手できるものの中から、SONYのEXTRA BASSシリーズのMDR-XB70BTを購入した。
ただし、オンラインで注文して実店舗で受け取りという買い方だったので、試聴はしておらず、世評のみが頼りだった。

 ネックバンドの両端からケーブルが出て、その先にユニットが取り付けられているという見た目で、ネックバンド部分はそれなりに硬質なものを想像していたが、実際はぐにゃぐにゃした太いシリコンの棒だった。丸めたりはできるものの太いので、使わないときにしまうにも意外とかさばるのだが、まあオーバーヘッド型のヘッドホンほどではないからよしとしようか。

イヤホン部の筐体はプラスチック製で、以前使っていた有線のMDR-XB70とは、品番はそっくりだが全く異なるものだった。今どきの製品とは思えないほどSONYのロゴの主張が強すぎるのはいかがなものかと思う。イヤーピースはハイブリッドではなく、もっと安価なもの(?)が付いていたが、オーディオテクニカのファインフィットに交換。

ネックバンドの両端にプラスチック製の箱のようなものが取り付けられていて、左に操作系が収められている。
電源ON/OFFと再生・停止と電話の発信/切断が一つのボタン、ボリュームアップと送り、ダウンと戻しがそれぞれ一つのボタンに割り当てられてい…

おらといっしょにぱらいそさいくだ。

ニュースサイトの記事を読んでいたら横のバナー広告か何かの中に、「アダン」という文字を見つけた。
すると、瞬時に「じゅすへる」という言葉が連想され、続けて「ぐろうりやのぜずさま」とか「さんじゅわんさま」とか、関連する言葉が湧いて出た。

これらは、諸星大二郎の傑作連作コミック「妖怪ハンター」の中の「生命の木」というエピソードに登場する人物の名前やセリフである。

とはいえ、視界に入った「アダン」はカタカナで、「生命の木」での「あだん」はひらがな表記であるから、これは別のあだんをさしているのだろうが、次に思いつくのは「ジゼル」などのバレエ音楽で知られる作曲家のアダンである。

ページを遷移した後だったので、もう一度、そのページの「アダン」に出会うことはなかったから、いったい何だったのやらわからない。
妖怪ハンターでも作曲家でもなさそうで、そういえば田中一村の絵に描かれているような南方の植物に「アダン」というのがあったなあ、と気が付くも、それであるかもわからないしもはやどうでもよい。



ただ、いまだに光速で「妖怪ハンター」を思い出すあたりに、まったく10代後半のあたりから成長していなさそうな自分に不安を抱きつつ、そういえば昔実家にあった「妖怪ハンター」のコミックスを亡母が勝手に捨てたなと思い出し、怒りが込み上げてきた。

大阪都構想ふたたび。賛同するけど呼び名は変えようよ。

私は大阪生まれではなく、長じて大阪に移り住んだだけだが、生まれてから結構な回数引越しをしているから生まれ故郷に対する思いいれもさして無いうえに、人生において最も長く暮らしているのが大阪府下であるから、比較するなら他のどの土地よりも大阪にシンパシーを感じている。

とはいえ、大阪の、ノリで物事を決めてしまうところというか、やや軽いと感じられる気質には時々頭が痛くなるもので、例えば選挙のたびに維新の会の候補者が楽々と当選するのなど、随分と不愉快に思っていた。議員になることを目的として橋本さんのネームバリューに擦り寄って来たとしか思えないような、胡散臭い連中ばかりに見えたからだ(そんな人ばかりではないというのは分かっているが、特に大阪以外の立候補者など怪しいのが多かった)。

余談だが、私は小池百合子東京都知事はえらいと思っている。旧民主党勢力が希望の党に合流しようとしたとき、政策の一致しない者は排除すると言いきった姿勢は素晴らしいと思うのだ。政策面で対立しているのに、議員になる・議員でいる目的上有利な位置にいようとするためだけに新党に参加しようとする者などくずでしかないし、それで数だけ増えた政党に何も期待できるはずが無い。寄せ集めのごった煮であった民主党が如何にダメだったかが、それを証明している。

それはさておき、維新には何となく不信感を持ちつつも、維新が打ち出した「大阪都構想」には、大賛成である。
ただし、「大阪都構想」という呼び名は、いかがなものかと思う。

「大阪都構想」をものすごく簡単にまとめると、大阪市を無くし、東京23区のような「特別区」に分割して行政の単位を小さくするとともに、府と市で二重構造になっている行政サービスをシンプルにし、地域に密着させつつコストを抑えようと言うものだ。
今も大阪には「区」があるが、あくまで「市」の下部に位置づけられるもので、要は市の規模が一定以上に大きくなっているから、小分けしようと言うだけのこと。5人の会社なら部や課は必要ないが100人もいれば部や課を作らないと統制が取れないのと同じことだ。区長だって市から任命されているし、議会も無い。一方、特別区は区長も公選制であり、議会があって議員がいる。市に近い存在というか、実質市である。会社でいえば部や課という単位ではなく、分社するイメージだ。もちろん、持ち株会社的な位置に大阪府がいて、大…

電気グルーヴの作品発売中止というのはいかがなものか。

昔、ポール・マッカートニーが日本公演にきて、税関で荷物から大麻が見つかったとかで逮捕、公演はもちろん中止、という事件があった。
しかし、それでウイングスやビートルズのソフトが発売中止になったような記憶はない。

瀧が逮捕されたからと言って、ソニーミュージックが電気グルーヴのこれまでの作品まで発売中止にするというのは狂っているとしか思えない。
今作ってたりこれから放映するTV番組なんかは仕方ないだろうけど、役者が逮捕されたから過去に出演した映画が観られなくなるなんてのはナンセンスだ。

ペド野郎のゲイリー・グリッターが有罪判決を受け、NFLのチームがグリッターの曲(「Rock'n'Roll 2」)を使わなくなったという話は聞くが、さすがにペドはやばさが違うから仕方があるまい。

罪を憎んで人を憎まずと言い、個人的には人も憎んでもかまわないんじゃないかとは思うものの、芸は憎むべきではない。
作者が最低最悪の糞野郎だったとしても、作品が素晴らしければ、その作品は愛でるべきだろう?

RAMONESの「Out of Time」をどうしてもCDで欲しくなって「The Chrysalis Years」をnagiry-jpに注文してみた。

ラモーンズが古い曲(もはやラモーンズ自体が相当古いことは置いといて)をカヴァーした「Acid Eaters」というアルバムがある。ずいぶん昔にレンタルCD店でたまたま見つけ、コピーして聴いていたが、そのCD-Rがどこかに行ってしまって久しく、収録されているお気に入りの曲はYoutubeで聴くことはできるものの、通勤中にスマートフォンをポケットに入れていたりすると、何かの拍子でタッチパネルが反応して曲が止まったり送られたりして不便なことこの上ない。YoutubeはこのところやたらとYoutube Musicとかいうものをアピールしてくるのだが、それを使えば解消されるのかもしれないけれど、そんなものをわざわざ入れるよりCDを買いなおせばいいじゃないかと思い立った(データのダウンロード販売には何故か食指が動かない)のだが、しかし今となっては「Acid Eaters」単品だと意外と入手が困難で、さて困ったなと思っていたら、バンド晩年のアルバムをまとめたセットが見つかり、Amazonマーケットプレイスで、久しぶりに海外の業者に注文を入れた。

発注先は、以前にも一度使ったことのある、nagiry-jp。11月28日の注文で、その時点での配達予定は12月7日~17日の間とのこと。
マケプレ海外業者の例に漏れずポスト投函での納品で、届いたのは12月10日。今回も梱包、荷物には何の問題もなかった。



このCDセットは5作品のアルバムをCD3枚に詰め込んだものだ。1枚ずつアルバムごとではなく、また、ジャケットを再現したスリーブに入っていたりもしない。雑なつくりである。「Brain Drain」と「Acid Eaters」を1枚目に、「Mondo Bizarro」と「Adios Amigos」を2枚目に、そして3枚目は「Loco Live」という組み合わせだ。
目当ての「Acid Eaters」では、The WHOの「恋のピンチヒッター」こと「Substitute」とストーンズの「Out of Time」が出色の出来で、「Out of Time」なんか自分にとってはストーンズの最高傑作ではないかと思う(ストリングスではなくマリンバの方)のだけれども、そのオリジナルよりもこのラモーンズのカヴァーの方が素晴らしいと感じてしまうぐらいに最高である。ストーンズにしてはメロウでキャッチーなメロディ…